ひよっこ心理カウンセラーのブログです。 こころの健康のためのお手伝いが出来たら幸いです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大人としての責任
2011-05-28 Sat 22:17
【ご報告】
4月1日~5月25日までの収益の5%を、義援金として福島県災害対策本部へ寄付いたしました。
当初は赤十字を通じて送金するつもりでしたが、若干よろしくない評判も聞きましたので、直接福島県へ送りました。
今後も暫定的には、被害の大きかった各県へ、直接送金する予定です。


************

ご無沙汰しております。すずカウンセリングルームの井上です。
お陰さまで、4月からとにかく忙しかったです。何回かは休みはあったものの、ボランティアだったり、原発関連の講演を聞きに行ったり。
心をなくす、になってしまっていましたので、今日はゆっくりしています。



震災からもうすぐ3ヶ月たちますね。
あの日のことは頭から離れませんが、私は普段の生活に戻り、むき出しだった神経ももとに戻ったようです。
あの地の皆さんの心にも、一日も早く平穏が訪れることを、願ってやみません。
本当に微力だけれど、これからも長い目で、自分が出来るサポートをやっていこうと思います。


さて、福島第一は一向に収まっていませんね。

先日行った講演会は、ある作家さんの主催だったのですが、その方はずっとずっと何年も前から、原子力に反対して活動していらっしゃった方なのです。

事故から数日後、「自分の役目はもうないかもしれない」といったその方の一言に、自分が原子力にちゃんと目を向けずにいた無責任さを痛感しました。
以前から原子力に反対し警告してきた方々のお気持ちを思うと、とても悲しく心苦しいです。


大勢の人が原子力なり環境破壊なりにちゃんと向き合うというのは、理想的だけれど、そこを目指すのは残念ながら厳しいのかもしれませんね。
(そう感じている日本人は多いと思います、地団駄を踏む思いだろうと思います。)
でも、深く関わる人が増えることで社会が変わるという言葉に出会い、私ももっと深く関わる人になろうと思いました。
大変な忘れ物をしてきていましたからね。




今回の事故から、私は「大人として、人としての責任」について、いろいろと思うところがあります。

原発に関してに限らず、様々な面で、自分に責任を持っている人とそうでない人が、はっきりしてきたなあと思います。
時には両方を持つこともあるかもしれないし、私も偉そうに言えるものではありません。
でも、真の日本人の大人として生きたいと、私は思いました。

言葉は悪いですが、責任を持たない人というのは、ガキなんだと思います。
子供ではなくガキ。ガキの周りは迷惑を被ります。
ただでさえ、誰だって、思いがけず人に迷惑をかけてしまうことがあるのに、ガキであるがための迷惑までかけては、どうしようもないと私は思います。



私は日本という国が好きです。
自然は美しいし、食べ物も豊かで美味しいし、人は繊細な感性を持っているし、私が生まれた国だからです。
だから、守りたいです。これからもずっと、何百年、何千年先もずっと、美しく幸せな国であってほしいです。
そのために、様々な面で、大人としての責任を持って生きていく必要があると思いました。

何かを愛するということは、その自分に責任を持つということなんだなあと思います。
対象への責任というよりは、自分の生き方への責任が、実りをもたらすように思います。
エゴは無責任に通じ、愛は責任に通じるということなんでしょうね。

スポンサーサイト
別窓 | カウンセリング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<キャンドルナイトを前に、やっぱり原発を考える | リラックス♪ relax♪ | 土曜日>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| リラックス♪ relax♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。