ひよっこ心理カウンセラーのブログです。 こころの健康のためのお手伝いが出来たら幸いです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
自分に値段をつけてみる☆
2012-10-07 Sun 23:40

CIMG2297_convert_20121007192445.jpg

富士のやつ、、、やるなあ。



自分の価値について考えたこと、ありますか?

なんだかこう、「自分には価値なんてないんじゃないか。ろくなもんじゃない気がするんだよね」って思っちゃう方、けっこう多いよなと思います。

自己評価が低すぎたり、必要以上に不足感に苛まれてるとき、ぐるぐる考えちゃったりするかもですよね。


でもまあ、考えてもわかんないんですよね、ひとの価値って。見えないし。ね。
けど、わからない=無い では全くないですよね。



ためしに。

私がもし、貴方の腕を10万で売ってくださいって言ったら、売りますか?
いやですよね。売らないと思います。
100万だったら?1000万だったら?1億だったら?
たぶん、無理ですよね。


じゃあ、貴方の心から大切な誰か、友達でも恋人でも家族でも誰でもいいですが、その人を100万で売ってって言われたら。
売らないですよね。
1億は?10億は?


貴方の命を100億でって言われたら?
100億もらっても死んじゃうなら意味ないし、いやですよね。





ってことは、
貴方はもう100億持っているのと同じです。


片手が仮に10億だったら、100億+20億。大切な誰かが1000億なら、100億+20億+1000億。
もう持ってるってことです。





自分のひとつひとつに、例えば目なら目、耳なら耳、指なら指に、値段をつけてみてください。

からだのパーツだけじゃなく、貴方の周りにいてくれる人ひとりひとりにも、貴方の持っているモノひとつひとつにも、経験や思い出にも、感情や思考にも、値段をつけてみてください。


考えられないほどの値段になっちゃいましたよね。




もう意味がわからないぐらい、既に貴方は価値があったってことです。

全然、まったく、不足なんてないです。有り余るぐらい、もう持ってたんです。






ちなみにもし、「でもさ、自分は××だし△△で悩んでるし、やっぱり自分はダメなやつだよ。ねえ?」とかって思ったとしても、もう既にある貴方の価値に、変わりはないはずです。

むしろその不安や心配の気持ちにも値段をつけたらいいです。
どんな感情だろうと、貴方の糧です。貴方を高めます。





わかりやすくするために値段をつけてみましたが、要は自分に価値がないのではなくて、価値を与えたことがなかっただけなんだと思います。


自分にそれだけ価値があったってことは、あの人にもこの人にも誰にも、その価値があったってことです。


ものすごい豊かさ。ものすごい尊ばれるべき存在。
人間の価値ってそういうことなんじゃないかと思います。



スポンサーサイト
別窓 | カウンセリング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<akira kosemura ほか | リラックス♪ relax♪ | とうほく、忘れてないよー。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| リラックス♪ relax♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。